Atom エディタの apm ( Atom Package Manager )を使う

apm とは Atom パッケージマネージャーで Atom パッケージを検索したりインストールをコマンドラインで行うことができます。

apm

EditorConfig は、異なるエディタや IDE でも統一したコーディングスタイルを設定できます。

インストール

Atom エディタをインストールしたときに自動で一緒にインストールされます。

使い方

helpコマンドで使えるコマンドを確認できます。

loginコマンドでログインしておくと作った環境を保持できます。ログインコマンドで認証画面へ遷移できますので、 Github アカウントでログインします。ログイン後にトークンが発行されますので、コピーしてコマンドのコンソール画面へ戻りトークンを入力します。

パッケージをインストール

パッケージにスターをつける

Atom のログインしたWeb管理画面からもスターをつけられます。

コマンド一覧

  • clean
  • config
  • dedupe
  • deinstall
  • delete
  • dev
  • develop
  • disable
  • docs
  • enable
  • erase
  • featured
  • home
  • i
  • init
  • install
  • link
  • linked
  • links
  • list
  • ln
  • lns
  • login
  • ls
  • open
  • outdated
  • publish
  • rebuild
  • rebuild-module-cache
  • remove
  • rm
  • search
  • show
  • star
  • starred
  • stars
  • test
  • uninstall
  • unlink
  • unpublish
  • unstar
  • update
  • upgrade
  • view

まとめ

apm コマンドでログインしてパッケージをスターで管理しておくと、違う環境構築の際も Atom エディタをダウンロードして apm コマンドで一括インストールできるので便利です。

参考

公式サイト:atom/apm: Atom Package Manager

関連

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA