Laravel Artisan コマンド

Laravel の Artisan コマンドをまとめていきます。

Artisan

Artisan はコマンドラインインターフェイスで Laravel に含まれている開発に便利な機能です。
ファイルの生成だけでなく、キャッシュやマイグレーションも操作していきます。

コマンド一覧

  • コマンド一覧の確認

  • ヘルプ

  • バージョン確認

  • APP_KEY の生成

    .env ファイルの APP_KEY に設定します。

  • Controller の生成:make:controller

    下記ファイルが生成されます。
    app/Http/Controllers/UserController.php
    app/Http/Controllers/Admin/UserController.php

  • Requestクラスの生成:make:request

    下記ファイルが生成されます。
    app/Http/Requests/UserRequests.php

  • モデル作成:make:model

    下記ファイルが生成されます。
    app/Http/Models/User.php

  • モデルとマイグレーションを作成

  • マイグレーション(テーブル作成)

  • マイグレーション実行

  • マイグレーションのロールバック
    最後に実行したマイグレーションのひとまとめを元に戻します。

    • マイグレーションのロールバック
      5ステップ分を戻します。

    • 全部のマイグレーションをロールバック

    • データベース指定

  • キャッシュ生成

    • bootstrap ファイルをキャッシュ

      下記2つが実行されます。

    • 設定ファイル キャッシュ

      キャッシュを削除した後、bootstrap/cache/config.php が生成されます。

    • route キャッシュ
      クロージャベースのルートがあるとキャッシュできないので注意が必要です。

      キャッシュを削除した後、bootstrap/cache/routes.php が生成されます。

    /bootstrap/cache/packages.php も生成されます。
    /bootstrap/cache/compiled.php も生成されます。

    • view キャッシュ

      app/storage/framework/views/ 配下にキャッシュファイルが生成されます。

  • キャッシュクリア

    以下5つのキャッシュクリアを実行します。

    • 設定ファイル キャッシュクリア

      bootstrap/cache/config.php が削除されます。

    • route キャッシュクリア

      bootstrap/cache/routes.php が削除されます。

    • アプリケーション キャッシュクリア

      storage/framework/cache/data/ 配下のキャッシュファイルが削除されます。

    • view キャッシュクリア

      app/storage/framework/views/ 配下のキャッシュファイルが削除されます。

    • コンパイルされたクラスファイルを削除

      /bootstrap/cache/services.json が削除されます。
      /bootstrap/cache/compiled.php が削除されます。

  • Tinker 環境で Laravel の Eloquent ORM、ジョブ、イベントなどをコマンドラインから操作

    • DBの設定を確認する

    • 疑似データ生成

  • ルートの確認

  • シーダーを生成する

    • 指定のシーダーを実行
      事前に DatabaseSeeder.php へ登録が必要です。
  • サービスプロバイダーを作成

  • Commandクラス生成

    下記ファイルが生成されます。
    app/Console/Commands/UserCommand.php

  • Featureテストを生成する

    下記ファイルが生成されます。
    app/tests/Feature/UserTest.php

  • Unitテストを生成する

    下記ファイルが生成されます。
    app/tests/Unit/UserTest.php

    • Unitテスト実行
  • Factory生成
    疑似データを定義

    • モデルを指定
  • CLI実行

まとめ

artisan コマンドは開発にとても便利で多くの役に立つコマンドがありますので、積極的に使っていくことで開発も楽になりそうです。

参考リンク

Artisanコンソール 6.x Laravel

関連リンク

http://vistylee.com/laravel-auth/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA