SonarQube を使って品質を検証する

SonarQubeは静的な解析チェックが可能で、プログラムをスキャンさせることでソースの問題を検出してくれます。

事前準備

SonarQubeを動かすには下記を予めインストールしておきます。

  • Javaのインストール
  • MySQLのインストール

SonarQube

インストール

DBの作成

SonarQube用のデータベースとユーザーを作成します。

SonarQubeサーバの起動

SonarQubeサーバの停止

SonarQube Scanner

sonar-scannerを使って解析する為、Scannerを導入します。

インストール

ダウンロードして任意の場所に設置します。

sonar-scanner.properties

ファイル

編集

sonar-project.properties

ファイル

解析対象のrootにsonar-project.propertiesというファイルを作ります。

編集

ファイルに解析対象先などを設定します。

静的解析の実行

SonarQubeのバージョンが5.5以下ならrunnerを使います。

参考

公式サイト:Continuous Code Quality | SonarQube

MySQL :: MySQL 5.6 リファレンスマニュアル :: 6.3.2 ユーザーアカウントの追加

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA