Atom エディタのターミナルで SSH 接続する

Atom エディタで、ターミナルを起動してSSH接続するためにパッケージを導入してエディタを拡張します。ターミナルを追加するパッケージはいくつかありますが、今回は 「 platformio-ide 」用のターミナル機能追加版パッケージで、ターミナルが追加できるパッケージの中では一番インストール数が多かった「 platformio-ide-terminal 」を導入します。

platformio-ide-terminal

インストール

Atom エディタのメニューから settings を開きます。

settings の 左メニューから install を選択

install packages の検索ボックスを packages にして「 platformio-ide-terminal 」と入力して検索します。

検索結果に表示される各種パッケージの Install ボタンをクリックします。

使い方

インストールが完了するとステータスバーに「+」アイコンが表示されます。

「+」アイコンをクリックするとターミナルがソースエディタの下に拡張ドックとして表示されます。

ターミナルは複数起動可能で、コンテキストメニュー(右クリック)から簡単にアイコンの色を変更したり名前まで設定できます。

まとめ

端末のコマンドも使用でき、SSH でリモートログインしてコマンドを入力しても動作も問題なく使えます。

参考

platformio-ide-terminal

関連

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA