AWS ( EC2 + S3 + RDS ) でサーバー構成する

AWSの使用するサービスは「EC2 」「RDS」「S3 」の3つで今回構成してみます。

  • 「EC2」:Webサーバー
  • 「RDS」:データベースサーバー
  • 「S3」:ストレージサーバー

VPC

VPC とは Virtual Private Cloud の略です。

下記は VPC のメニュー項目です。

Virtual Private Cloud

  • VPC

操作可能な項目

  • サブネット

操作可能な項目

  • ルートテーブル
  • インターネットゲートウェイ
  • Egress Only インターネットゲートウェイ
  • DHCP オプションセット
  • Elastic IP
  • エンドポイント
  • エンドポイントのサービス
  • NAT ゲートウェイ
  • ピアリング接続

VPN 接続

  • カスタマーゲートウェイ
  • 仮想プライベートゲートウェイ
  • VPN 接続

まず、仮想ネットワークとサブネットを作成ます。

「VPC ウィザードの起動」から「VPC 」を作成します。

次に「サブネット」を作成します。

「VPC 」と「サブネット」の設定が完了したら、各インスタンスを立ち上げていきます。

EC2

EC2 とは Elastic Compute Cloud の略です。

下記は EC2 のメニュー項目です。

インスタンス

  • インスタンス
  • Launch Templates
  • スポットリクエスト
  • リザーブドインスタンス
  • Dedicated Host

イメージ

  • AMI
  • バンドルタスク

ELASTIC BLOCK STORE

  • ボリューム
  • スナップショット

ネットワーク & セキュリティ

  • セキュリティグループ
  • Elastic IP
  • Placement Groups
  • プレイスメントグループ
  • キーペア
  • ネットワークインターフェイス

ロードバランシング

  • ロードバランサー
  • ターゲットグループ

AUTO SCALING

  • 起動設定
  • Auto Scaling グループ

SYSTEMS MANAGER SERVICES

  • コマンドの実行
  • ステートマネージャー
  • 設定コンプライアンス
  • 自動化
  • パッチコンプライアンス
  • パッチベースライン

SYSTEMS MANAGER 共有リソース

  • マネージドインスタンス
  • アクティベーション
  • ドキュメント
  • メンテナンスウィンドウ
  • パラメータストア
  • パッチ

まず、OSとインスタンスを設定します。

今回は、AMI (Amazon マシンイメージ) を選択します。

下記のような流れとなります。

  1. AMI の選択
  2. インスタンスタイプの選択
  3. インスタンスの設定
  4. ストレージの追加
  5. タグの追加
  6. セキュリティグループの設定

ストレージやタグ、セキュリティグループ(ファイアウォール)を設定した後に、キーペアを作成するか既存のキーペアを選択します。

そして、インスタンスを作成します。

次に、Elastic IP の割り当てを行っておきます。

Elastic IP アドレスを取得して、EC2 インスタンスにアドレスの関連付けを行います。

RDS

RDS は、Relational Database Service の略です。

下記は RDS のメニュー項目です。

  • インスタンス
  • クラスター
  • リザーブドインスタンス
  • スナップショット
  • パラメータグループ
  • オプショングループ
  • サブネットグループ
  • イベント
  • イベントサブスクリプション
  • 通知

まず、DB用 (RDS) のセキュリティグループを EC2 で作成します。

次に、RDS でサブネットグループを作成して、EC2 からのみアクセスできるようにします。

そして、RDS インスタンスを作成します。

EC2 から RDS に接続する際には、インスタンス作成後に表示されるエンドポイントを指定します。

S3

S3 とは Simple Storage Service の略です。

操作可能な項目

バケットの作成では、下記を設定します。

  1. 名前とリージョン
  2. プロパティの設定
  3. アクセス許可の設定

S3 のバケットに保存して、バケットのURLを参照するようにします。

12 か月間無料枠の条件

AWS 無料利用枠は、サインアップした日から 12 か月後で、かつサービスの種類によって条件が違いますので「EC2」「RDS」「S3」について書きだしてみます。

詳細は、AWS クラウド無料利用枠ページやよくある質問ページ に記載があります。

変更が行われる場合もありますので、開始時に合わせて公式でご確認ください。

Amazon EC2

  • インスタンス:t2.micro
  • OS:Linux、RHEL、SLES 、Windows
  • 稼働時間:750 時間/月

Amazon RDS

  • インスタンス:db.t2.micro
  • データベースストレージ:20 GB の汎用 (SSD)
  • データベースバックアップおよび DB スナップショット用ストレージ:20 GB

 Amazon S3

  • 標準ストレージ:5 GB
  • Get リクエスト:20,000 件
  • Put リクエスト:2,000 件

参考

Amazon Virtual Private Cloud(VPC)ドキュメント | AWS

Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) ドキュメント | AWS

Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)ドキュメント | AWS

ドキュメント – Amazon S3(クラウドストレージ)|AWS

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA