AWS S3 のアクセスログを有効にする

S3のアクセスログを有効にして、ログを確認できるようにします。

S3 アクセスログの有効

S3 のバケットにログを生成するようにします。

まず、S3 にログ用のバケットを作成します。

次に、作成した S3 バケットにポリシーをアタッチします。

ポリシーは「Policy generator」が AWS 側で用意されていますので、これで設定をして生成することができます。

次に、バケットポリシーをポリシージェネレーターで生成します。

「Generate Poricy」ボタンをクリックします。

「アクセス権限」「バケットポリシー」にコピーしたポリシーを貼り付けて保存します。

設定内容はS3 バケットにポリシーをアタッチするに詳細が記載されています。

そして、アクセスログを有効にします。収集する時間の間隔を設定できます。

設定した S3 バケットを確認するとログが生成されて「概要」タブに一覧が表示されるようになります。

参考

Classic Load Balancer のアクセスログの有効化

サーバーアクセスログの形式

AWS Policy Generator

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA