サーバー監視ツール munin の導入

サーバー監視ツールとして munin を導入します。

今回は、Ubuntu  + nginx の環境で導入してみます。

munin

munin とはネットワークのリソース管理ツールで、サーバーのパフォーマンスをグラフにして視覚化できます。

インストール

munin 設定

設定ファイルに監視対象を設定します。

任意のドメインに編集します。

今回は「test.localhost」としています。

munin 起動

munin-nodeを起動します。

nginx 設定

下記を追加してアクセスできるようにします。

nginx 再起動

監視画面にアクセス

http(s)://任意のドメイン/munin/

まとめ

簡単に導入することができました。そのままだと誰でも表示できるので、実際に使用する場合は、Basic認証をかけてアクセス制限を行います。mysql など「/etc/munin/plugin-conf.d/munin-node」に追記することで mysql の情報も管理できるようになります。

参考

公式:Munin

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA