Nodemon で Node.js のファイル更新時に自動再起動する

Node.js のファイル更新時に反映するには手動で再起動をする必要がありますが、手間がかかります。それをNodemon を使用してファイルの更新を察知し自動で再起動するようにします。

Nodemon

Nodemon はソースの変更を監視して、変更時に自動でサーバーを再起動してくれるユーティリティです。

インストール

実行

express を使用している場合、下記のような形になります。

ローカルで VM 上のマウントされたドライブで nodemon を使用する場合は、legacyWatch を true にする必要があります。下記のように、オプション L で起動します。

npm start で script 起動する場合は package.json で設定します。

nodemon で起動すると下記のようになります。

まとめ

Node.js ではファイル更新するたびに、ターミナルなどからサーバーの再起動をして確認と、手間がかかってしまいますが、Nodemon で起動しておけばファイルの更新を監視して自動でサーバーの再起動をおこなってくれますので開発時に導入しておくと、積み重なる時間ロスが無くなるのでおすすめです。

参考

公式:nodemon

ドキュメント:remy/nodemon: Monitor for any changes in your node.js application and automatically restart the server

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA